« 出世しちゃうか?? | トップページ | Happy Birthday ☆ »

『みんな誰かの愛しい人』

先週金曜日、DVDを2本借りたのね。
1本が『フリーダ』でもう1本が『みんな誰かの愛しい人』。

で、『みんな・・』が貸出期限が水曜日までだったんだけど、
ぜんぜん見る時間がなくって、結局、水曜日になっちゃったので
延滞料金払うのはバカらしいし、見ないまま返却ボックスヘ。

で、金曜日返却予定の『フリーダ』を昨日、観ようとDVDをデッキ
に入れたら、なんと『みんな誰かの愛しい人』が始まったのYO。。

そう、あべこべに返却しちゃたのです、私ったら!
延滞料金払いたくないと見ないまま『フリーダ』を返したというのに、
2日分も延滞料金払って『みんな誰かの愛しい人』を見るという。ある意味、贅沢〜。

でも、この映画、思った以上の拾いモンでした。なかなかいい映画だったわ。

主人公はデブの女の子。で性格、被害妄想激しく難あり。イジケてるわ、わがままだわ。
まずそこがおもしろい。ああいう子を主人公にする日本映画ってないものね。
でも、ああいう女の子の心理って私すっごくわかるのだ。
私の10代の頃って、なんだかああいうところあったな、って。
「私のことなんてどうせ」とか「誰も私のことを愛してくれないの」とか
思う反面、すっごい自分が好きだったりもして。あぁ、サイアクの青春時代。

周囲の男の子や家族、そのまた友人たちもみんなそれぞれ、いろいろな思い
を抱えてて、完璧な人なんて一人もいなくて、相手を大事に思いつつも、
自分が一番大事だし・・、みたいなところが人間味あってとっても共感できた。

そういう完璧じゃない人間同士だから、いろんな誤解やいざこざがあるけれど、
そういうことも含めて、人間の関係性っていうのが出来上がるのだと思ったよ。
家族だって所詮、自分じゃないんだから、ちゃんと話しあっていかなくちゃ、
わかりあえるわけないのよね。
イザベル(主人公)も父親もちゃんと話さなくちゃ。

でも、最後のシーンの一生懸命に行動したイザベルは大好き!!
「そうよ!それでいいのよー!!」って画面越しに応援しちゃったもん。

やっぱり、女の子は素直なのが一番可愛いね☆


あぁ、今日の私は素直じゃなかった、反省しようっと。(ひとりごと)

|

« 出世しちゃうか?? | トップページ | Happy Birthday ☆ »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

おー、こんど観てみよーっっと。
ところで、つぶやくようになっちゃぁ…

投稿: ろっし | 2005年6月18日 (土) 08時03分

■ろっしさん

ここ数日で映画観るのクセになってきてるでしょ。
その調子で、これ見てくださ〜い。会話のセンスとかいいですよ。

投稿: OK | 2005年6月19日 (日) 00時44分

めもめも…

投稿: ろっし | 2005年6月19日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175224

この記事へのトラックバック一覧です: 『みんな誰かの愛しい人』:

« 出世しちゃうか?? | トップページ | Happy Birthday ☆ »