« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

とっても良い日だったなぁ

今日はミタケへ。

10時立川駅に集合し、ケーキやシャンパンなどお買い物をして電車に乗り込む。

 

えっなぜ、ミタケへ行くのにケーキかって?

えっと実は今日は、【climさん&K子ちゃんの入籍お祝いBBQ】なのでした。

ピーカン晴れの空の下、2人を囲む私達まで幸せな気分になるBBQでした。

シャンパンやらビールやらとすっかりお酒が入ってまったりしたあとは、

デラシネ・ボルダーに行ってみんなでまったりボルダリング。

この岩ってあまり高くないし下地もいいので、こんなピクニックボルダリング

にはもってこいなのだ。

 

 久しぶりにさわる自然の岩はやっぱり気持ちよかったなぁ〜。

こんなにクライミングって楽しいんだもん。

やっぱり6月はもっとジムに行かなくちゃな、って思いました。

 

夜は高円寺で降りて、【きよ香】で2次会。(ろっし情報です。感謝っ!>ろっしさま)

とってもおいしい沖縄料理のお店で、みんな食べる!飲む!しゃべる!

 

ほんとに楽しい一日でした。

いつまでもclimさん&K子ちゃん 仲良くお幸せにねっ☆

 

 

ケーキ入刀っ ケーキ入刀っ!の図


(テーピング&チョークの手が笑えます)       

きよ香ジーマミ豆腐・海ぶどう・ラフテー を食べる図

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんだかイメルダになりそう

カラファテにあったKEENのサンダル。
前にどっか男の子向けセレクトショップに並んでいたときは、小さいサイズは
扱ってないって言われたんだけど、今日中根さんに聞いたら22.5cmから
あるっていうじゃな〜い。俄然、購入意欲がぐぐーっと!
なんといっても、あのつま先ガードと履いた瞬間にすぐわかるフィット感!
私今まで、birken、TEVA、Chacoなど、サンダルは結構買ってるんだけど、
KEENは一番履き心地がいい気がしたの。
ソールはビブラムだし、岩場へのアプローチもビレイ中も問題なさそう。
で、街中歩きでもイケそうなルックスも良し。
ちょうどサイズが在庫切れで買えなかったけど、来月になったら買いそうな予感・・・。

で、プラプラと歩いていたら、通りがかりのセレクトショップにフレンチソールの靴が
置いてあるのを発見っ!
急に私のアタマがクライミング脳から、オシャレ脳にスイーッチ!

フレンチソールで、ずっと前から探していたフレンチソールの
シルバーのバレエシューズを
買ってしまいました。うふふ。


なんだか靴ばっかりの日だったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結局、これにしたよ

買う前に検討してたのが、
 1.Montrailのスリッパ【メソッド】
 2.FiveTenのアナサジベルクロのレディス版【ウイメンズベルクロ】

ウィメンズベルクロで、お店で試し履きしてみた結果、ウィメンズベルクロ
に決めました!またファイブテンのシューズだわ。

メソッドは、私の足にはあんまりしっくりこなかったの。
うーん、ちょっと残念。
ウイメンズベルクロは履いた瞬間から、そのフィット感に
やられました! 「これ欲しいっ!」って思っちゃった。
私の足ってサイズは小さいんだけど、幅は広めなので、
女性向けだと、細くて合わないかなぁって思ってたの。

でもこれは、隙間なくフィットしてるのに無痛!


こんなに違うの! そして!!
←このカカトを見てください。

左:今はいてるアナサジベルクロ
右:今日買ったウイメンズベルクロ

ねっ? ぜんぜんカタチが違うの〜。
右のほうが、すっきりほそいでしょ。

カカトの収まりがすっごくいいのです。
これで、ヒールの使い方、上手になれるかな・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さっき

青山通りの某銀行のCD機の列に並んでたんだけど、
私の前に並んでいたキリストみたいな後ろ姿の外国人、横に並んだとき
もう一回チラ見したら、あのラモス瑠偉だった!
あんな有名人でも普通にCD機並ぶのね〜。

友達とブラジル語でしゃべってたわ。
どうりで、何年日本に住んでても日本語うまくならないわけだっ!笑

それにしても、今日って、国立でキリン杯最終戦のUAE戦なのに、
なんだかラモスはとってもノンビリムードでしたわ。
チャリでフラフラ〜って帰っていったもんな〜。
まぁ、選手じゃないから緊張する必要ないけどさ。


今日は仕事終わったら、カラファテ行って、シューズ買ったら
まっすぐ家に帰ろうっと!で、サッカー見て、『空中ブランコ』見て、
って、地味な予定ギッシリ! 笑

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『イン・ザ・プール』見てきた

昨日といい今日といい、夜になって大雨。
その雨の中、渋谷へYちゃんと『イン・ザ・プール』見てきた。

もともと原作がめちゃ面白かったし、読んでいるときから映画になりそう
だなぁって思っていたから、松尾スズキがどう伊良部をやるのか、
そしてオダギリジョーがあの役をどう演じるのか見たかったのよね。

で、感想。
う〜ん、映画自体は、なんつーか面白いといえば面白いんだけど、
少し全体的に散漫な気がしないではないです。
出演者はみんな良かったんだけどね。
過剰演出という気もしないでもないなぁ〜。(演劇クサイっていうか)
三木監督がんばってネタ入れすぎたのかも。
あと、田辺誠一のエピソードは、原作どおりのほうが良かったような気も。
まぁ。個人的な意見ですけれど。

それにしてもオダギリジョーは役者として素晴らしいなぁ〜。
あんなカッコいいのに、映画の中ではちゃんと“他人にガツンと言えない
気弱でしかも『継続性勃起症』なんて格好悪い病気にかかっちゃった
情けない男”に見えるんだもの。
なかなか、2枚目俳優にそういう役者っていないんだよ、実は。

松尾スズキの伊良部も良かった。原作とはまた違った伊良部だったけど
あんな精神科医なら、かかりにいってもいいなって思ったよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土曜日出勤

28fd590d.jpg今日は出勤日。我が社は今時珍しい隔週二日定休なの。はぁ〜。眠い。まぁ、土曜日の朝、表参道を歩くのは気持ちいいし、会社にかかってくる電話少ないし、ストレス無く働けるから、わりといいけどさ。 よっしゃ今日も3時まで頑張りま〜す! ←コレ、ここんとこずっと買ってるミネラルウォーター。 【CRYSTAL GEYSER-LEMON FLAVOR】  スパークリングでレモンテイスト。美味しい。 で、ペリエなんかよりずっと安いの。お得感あり☆  もちろんノンカロリーノンシュガーでっす。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

『天才マックスの世界』

『LIFE・AQUATIC』を見てから、ウェス・アンダーソンの他の作品が見たくなって、
ヴィデオショップで日本未公開作品の『天才マックスの世界』を借りてきた。

この邦題センスな〜い!原題の『Rushmore』に監督の思いがこめられてるってのに、
こういう映画に対して思いやりのない、安易な邦題をつけられる神経ってどうなの?
それにもまして、キャッチコピーが、 
  〜 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のW・アンダーソン監督の、
    インテリジェントおバカムービー 〜 ときた・・・。

おバカ」って・・。ドタバタコメディじゃないっつーのYO!
(どこの配給会社だ?こんなアタマ使わない仕事の仕方ってダメだと思うわ)

作品そのものは、ほんとうに良かった!なんで日本未公開だったのか不思議だ。
個人的には『ライフアクアティック』よりも好き。DVD買おうなぁ。

思春期の男の子の生意気なとこ、でもまだまだ子供なとこ、そのギャップに
もがいているとこ。もどかしくって切なくって、胸キュンですよ。
主人公のまわりの人たちもみなそれぞれ愛おしくっていいよ〜。
若い子も年よりも女の子も男の子もみんな個性いろいろで面白いの。
ただ、笑いのツボが違うタイプの人だとちっとも面白くないコメディなのだろうな。
そこが賛否両極端の理由なのかも。


なんといってもビル・マーレィがキュート。あんなオヤジなのに、はにかんだ
「困っちゃったな。。」っていうとまどっている表情にやられる私。
ソフィア・コッポラがこの映画を見て『ロストイントランスレーション』の主役に彼を
選んだらしいんだけど、とってもわかるなぁ〜。

で、もちろん、ウェス監督の他作品と同様に音楽もとっても良かったよ。
kinksがいいシーンで流れるの。あれにはジーン、まいりました。
サントラ欲しくなりました!(←試聴するとよし)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

指圧のココロは

・・母ごころ、押せば命の泉湧く〜』
はい、下の句言えたあなた、間違いなく30代以上ね!うふふ。

さて私、ここんところずっと仕事が忙しくて残業が重なったせいか、
肩はもちろん、アタマから背中にかけてひどいコリで、とうとう
指圧を受けてまいりました。

マッサージ屋さんって町のいたるところにあるけれど、ヘンな店
に行ってかえって悪化しても困るし、ネットでちょっと良さそう
なお店を探してみて、良さげだったのが『カルム』というところ。

お店は白木のインテリアで清潔で落ち着いた雰囲気。
先生はあの浪越徳治郎が創設した指圧の専門学校で学ばれたそう
です。3年間も通うそうです。
指圧って国家資格なんだってね。知らなかったわ。

この先生、お上手!首の後ろの筋とか肩甲骨のとことかじわぁ〜って
押すんだけどめちゃピンポイント狙ってくるので、溶けそうでした(笑)
でも力任せに押してる感じでもないの。揉み返しとかないんだって。
終わった後は顔色も良くなって、頭蓋骨がすっきり開いた感じ♪

きっとまた行ってしまいそうなヨ・カ・ン☆

そうそう、先生の名前、押小路さんっていうのです。さすが指圧師だぁ!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美味しいけれど。。マジ危険っ!

5bd7d59f.jpg今日は、弟夫婦とヤンで夕ご飯食べてきた。
日曜夜でも相変わらず満席。ここは不景気知らずだなぁ〜。
食べたメニューは
海鮮チジミ、ポッサム、豚トロ、ダッカルビ、冷麺、パッピンス
3人なのに、よくもこんなに食べたね。
美味しいからイキオいで食べれちゃうのよねぇ。危険危険(笑)

←危険と言えば、この【虎】!!!
これ、辛口のマッコルリです。


ビンを開栓するまでは二層にわかれているので、まずよく振って混ぜないといけないの
だけど、キャップを回した瞬間、発酵したお酒の泡がシュワーーっと、飛び出してくるのね。

今日の【虎】は発泡具合がハンパじゃなく、なんと隣テーブルのお兄さんにまで飛び散ってしまいました。F1表彰式かよっ?てな具合だったの、ほんと。
(スミマセン)

それにしても虎は美味しい!微炭酸で爽やか〜。
マッコルリのまろやかさもあってとにかく飲み口がいいのよね。
う〜む。そういう意味でも危険なお酒なのかも☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『文化デリックのPOP寄席』

夜、高円寺の円盤というお店へ「文化デリックのPOP寄席」を聴きに行った。
文化デリックというのは川勝正幸さんと下井草秀さんのユニット名。
2部構成のトークショーで、前半は彼らが前月にシビレた『映像』『本』『音楽』を
2本ずつ紹介。
いろいろ気になるもの、そうでもないものがあったり。
本では、川勝氏おすすめの『オルタード・カーボン』が面白そうだな。
あらすじサラッと聞いただけで映像が浮かぶ感じ。P.Kディック賞受賞とか。
明日さっそく、本屋へGO!

後半は、月替わりでゲストをまじえてのトークショーなのだけど、今日のゲストは、
ミュージシャンのASA-CHANG(巡礼)でした。
私が今日、円盤へ行ったのは、ASA-CHANGの話を聞きたかったからなのです。
スカパラ時代からずっと好きだったし、巡礼も好きで。
でもASA-CHANGが話をしているところなんて、考えてみたら見たことなかったのだ。

話を聞いていて、ASA-CHANGのことさらに好きになったな。
頭だけでものづくりをしてなくて、身体の感覚的なものと脳を働かせることとの
バランスが自然にとれてる、身体的にかしこい人だと思った。

「他にはない音をと一生懸命つくってはいる。だけれど決して高尚なものを
作るつもりはないのに、どうも高尚な音楽だと認識されてるふしがあり困る」
「メディアは巡礼の音にすぐ説明を求める」みたいな事を言ってたな。
説明なんて、あの音楽に必要ないのに。。
不安なのかな、カテゴライズされてないものって。
(フランス人のインタビュアーは概ね喧嘩腰なのだそうだ 可笑しい笑)

☆ASA-CHANGの話したことで耳に残ってること
「言葉のエラー感」「鳥人間のエラー感(笑)」
「巡礼の音楽って押してはいけないスイッチを押してしまうらしい。だから
 嫌いだっていう人がいるんだけど、でも押してもいいっていう人もいて・・」


それにしても『背中』のPVは美しくてせつなくて色っぽいです。←見てみて!!
キョン2(まだ私は小泉今日子と呼ぶことができません)の声がさらにせつない。好きだな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『ライフ・アクアティック』

life公開を心待ちにしていた『ライフ・アクアティック』を観てきた。
うふふ、楽しかったぁ。で、ジーンと涙してしまったりもして。
笑いも涙もぜんぶ“ドカーン”という大仰なものではなく、
「クスッ」って感じなのです。そのあたりの匙加減が実に好み。

正直言うと、始まってから20分位は入り込めず、「ウェス監督ってばこれ失敗した?」
って思ったのだけど、いつのまにかあの世界にすっかりはまってました。
(内容は、これから観ようとしている人に悪いので書けないけど)

キャスティング、音楽、ファッション、インテリア、もうすべて凝りすぎって
いうほどのこだわりようで、それがたまらないの。ここまでやるかぁってね。

でもセンスだけという映画では決してなくって、ストーリもいいのです。
この監督って、初老親父(自分勝手で周囲の人間を困らせる、でもどこか憎めない)
に愛があるのね。特に父と息子の関係に考えさせられます。
前作『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』もそんな映画だったね。

音楽、めちゃいいです。
出演しているセウ・ジョルジがデビッド・ボウイをポルトガル語で歌ってる
のだけど、かっこいいのよ。乗組員なのに歌ってばかり。笑
でもそれより私が気に入ったのは、劇中のドキュメンタリー映画の音楽!
めちゃ薄っぺらいテクノ!すっごくいいのよ。もう笑うよぉ。エセDEVOって感じで。

俳優もみんな良かったです。全てがどんぴしゃな配役でした。
あぁ、ウィレムデフォーってあんなキャラだったっけ(思い出すだけで笑える)

賛否両論あるらしいですけど、私は熱烈、支持します☆

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ちょっとだけ登ってきた

仕事の帰り、池袋へ行って【チョイ・ボル】。
・・ってのも、回数券の期限切れが近づいているのだ。(あと3回も残ってるのにヤバイ)

ジムに着いた途端、S氏が
「おぉ〜OK。お前、こないだのコンペ、4Q登ってんじゃん!
 あと難しめ5Qもいけてるし。ブランクあるほうが登れるんじゃねーの?」
とカウンターの中からニヤリ。

え〜?あれ4Qだったの?確かに難しかったんだけどさ。
そかそか、ちょっとうれしいなぁ。
なんて思いつつ、も一度おさらいで登ったらぜんぜん出来ないでやんの。(笑)

あれは火事場のバカチカラだったのだろうか?スゥーっと登れたんだけどな。
真剣になるとキーーンと集中力が高まって、登れたりするのかなぁ。
となると、普段は真剣にやってないってこと??まずいです。
(まぁ、常々自分に甘いクライミングをしてる気はしないでもないけど・・)


それはそうと、最近良く会う初心者小学生のお子二人。
教えられてもいないのに、ちゃんと腕を伸ばして楽しそうに身体を振って
登ってるのよね。足下もきちんとホールド無意識に見てるし。。
子供の頃は人間も動物の本能が残っているんだなぁ〜。
うらやましいなぁ〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

だ、誰よぉ〜!!

このボルト新しかったら・・ま、まずいんじゃないの〜??

☆【東尋坊に岩登りボルト 国が違反指摘、愛好者困惑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

当てたっ!

友人の所用に付き合って千葉・鴨川へ。で・・・。
鴨川といったら、やっぱりお魚食べないとダメでしょう?
なんて事を言いつつ、お昼に入るお店を探していたのですが。
はい♪私 食いしん坊の直感で、めちゃウマなお店を当ててしいました。イェーイ!
ほんと通りすがりのお店だったのに、そこがもう大、大ヒットだったのです!!
(我ながら、そのへんの勘が本当に素晴らしいと思うのね。←自画自賛^^)

地魚地魚握りをオーダーしたのですが、
一つ一つきちんとお仕事してあって。
とにかくむむっ!とうなる驚きの美味しさなのですよ。

特に最後の焼き鮨
軽く炙った金目鯛を握り、なんとその上には「粒マスタード」!
その絶妙な組み合わせ・・・。口に入れた途端、幸せになりました、ワタシ。

「美味しい、美味しい」を連発するワタシ達に気をよくしたのか、ご主人が
“裏メニュー”のおつまみを出してくれて、それがまたお酒に合いそうで・・。

「今度は泊まりがけでおいで。もっと旨いものたくさんあるよ」
とご主人に言われ、お勧めの激安の宿まで教えてもらったのでした。

う〜ん。次回このお店に行くのはいつなんだろう。
お楽しみがまたひとつ増えました♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SOUL PUNCH 2005☆

『SOUL PUNCH 2005 CRAZY KEN BAND SHOW 』の追加公演に行ってきました!
“追加公演”、だけど今日がツアーの初日という・・ 笑

スタンディングのCKBライブは久しぶり、それも新しいホール(ステラボール)なので、
とりあえず、最後方部に位置決め。
ここって、横長・縦短なツクリで、後ろの壁側でもステージがかなり近いのですね。
チビな私でもステージ全体が見れるし、余裕で踊れるし、これは良かった。

さて場内が暗くなってメンバー登場!あっ、ガーチャン、髪型がマッシュ!!!
ラモーンズみたいです!いやん、素敵☆ 私達みんな悶えてしまいました。

オープニング『Punch ! Punch ! Punch !』から始まり、『長者町ブルース』
『踊り子』と初期アルバムからいきなり3曲。
そして、私のフェイバリットソング『レッドライト・ヨコハマ』がっ!
久しぶりに聴けて、ボルテージがどんどんあがってくるのでした♪

この後も「フライディでは聴くけど、ホールでは聴いたことなかったかも」
といった感じのオールドファン感涙の懐かしい曲が多かった気が。
(もちろん再来月発売のアルバム収録曲も披露されました。←カッコイィ!)


それにしても、今更改めて思うんだけど、CKBはホントに演奏がうまいよ。
2度目のアンコールでやった『空っぽの街角』の間奏、のっさんのギターと
ジャッカルのフルートなんてしびれた。もうメロメロです。
アイズレーを超えてるとか言っても過言ではないと・・。

さて、エンディング。この演出にはびっくり。
今までには無かっためちゃクールな終わり方だぁ。熱いんだけどクール!


今回のライブ。とにかく『パンチ!パンチ!パンチ!』で大人な印象でした。
ニューアルバム『ソウルパンチ』、原点回帰的要素が強いのか?
発売まで待ちきれなくなってきました。早く7月が来ないかなぁ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コンペ、参加してきた!

仕事を定時で終わらせて、雨の降る中、例のボルダリング・コンペのため
池袋へ行ってきた。
コンペといっても、いわゆる観客がいてその前で競い合うようなものでは
ないから気はラクでした。(アガリ症の私はたくさん観客がいるのは苦手)

ルールとしては、70ちょっとある課題の中から自分で10課題を選んで、
それを登る(1つの課題につき5トライまでOK)という単純なもの。
制限時間は特になし。

1時間で10課題選ぶんだけど、下からだと自分に登れるかどうかを読むのが
けっこう難しくって。
「ちょっと難しそうだけどいけるかもっ」って思った課題が、実際スタートホールドに
取り付いたら2手目さえとれないのがあってガックり。
(あとから2級の課題だとわかって、自分の読めなさ加減に笑ってしまった)


結果は3オンサイト、3レッドポイント。
簡単そうなのから始めたのに後半はかなりヘロヘロ。特に左手弱すぎ・・。
トライ数が少ない(5トライまで粘った課題はほとんどなし)のに情けないっ。

でも、想像していたより、やってみたら面白かったのだ!
早く調子戻して、またコンペあったらもうちょっと難課題もトライしたいわっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久しぶりにドラマっつうもんを・・

今日は家にいたので、久しぶりに夜、ドラマ見てみたよ。
まず、9時からは『アタックNO.1』、で、10時からは『汚れた舌』
(よごれた、じゃなくってけがれたって読むんだって)

いやぁ、どっちのドラマも「女ってそんなにイヤーな性格なのぉ?」って
見ていてちょっと気分悪し。

うらみ・つらみ・ねたみ・そねみ・ひがみ
うらみ・つらみ・ねたみ・そねみ・ひがみ(CKB肉体関係のフシで読むこと)

ってな感じで、まいりました。


実際の女子ってもっとカラッとかサクッとかしてると思うんだけどなぁ〜〜。
周りみても女子はみんなサラッとしてるんですが・・。

それとも内舘牧子はドロっと他の女子をうらんだりしてるんだろか。
(う〜む怖い・・。)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

午後は鬼石へ

富広美術館のあと、同じ群馬でも少し離れた鬼石町(藤岡市の近く)へ、
妹島さんの「鬼石町多目的ホール」を見学に。

いやぁ、これは好き好き。
もともと妹島ファンの私だけど、実に気持ちのよい建物だと思いました。
ひとつひとつの空間が壁で仕切られてなく緩やかな曲線を描いています。
建物全体はガラスに覆われていて柱も華奢で威圧感がなく、外庭との隔たり
をまったく感じさせないのが素晴らしいなぁ、と思いました。
空気も人もすべて自由に交流している雰囲気なの。

そういう威圧的でない建物だからか、町の人達にもスッと受け入れられて
いるらしく、高齢の方には躊躇されそうな曲線の多い空間でも楽しそうに
利用されているのが、印象深かったわ。
やっぱり建物は人が介在してなんぼ、愛されてなんぼ、という気がするのです。

きれいonishiそれにしても、
群馬の小さな村
や町で、こんな
国際的建築コン
ペが積極的に
行われていると
いうのがびっくりです。
やるなぁ〜群馬!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

建物探訪 〜群馬〜

今日は群馬までピクニックがてら建築探訪してきた。
ひとつはヨコミゾマコト氏設計の富弘美術館
その新しい美術館は、国際的な建築コンペが行われてグランプリを獲って、
話題の建物。

湖がきれい円と円を繋げた空間はおもしろいのだろうけど、
なんか物足りない。(シロウトがエラそうにすみません)
山の中にある自然に囲まれた立地なのに、それとの繋がりをあまり感じられないからかな?
【←こんな湖が目前に!】

館内にいる時より外で湖を見ながらお弁当食べている時のほうが、ずっと気持ち
良くって。美術館に入らなくてもいいか、って気にさえなる。
山の起伏とかをも獲り込むような建築案も多々あったようで、そういうほうが
面白かったんじゃないかと・・。(費用的な問題かな、村立の美術館じゃなぁ)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ひさびさボルった

えっと・・。
このブログってそもそもクライミング日記のはずだったのに、ぜんぜん登りの話って
してませんなぁ・・・。(うすうすお気づきの方もいらっしゃるでしょうが)

それもそのはず、ここ半年、仕事のせいにするわけじゃないけど残業続きで
コンスタントに登りにいけてないのです、私。

はぁ〜〜、まいるなぁ。

今日なんて、一ヶ月ぶりですよ、池袋行くの。まじでどうなの?コレ?
上手くなるワケないじゃないNo−!

それなのに、S氏ってば
「OK、明日のコンペ来いよな!お前参加な!!エントリー決まりなっ!」
と会ってイキナリあのDJブースみたいなとこから、イジワル言うのです。

「あの・・・・アタクシ、明日も明後日ものっぴきならない用事があって・・」
「なに〜〜!?コンペより大事な用事ってなんだよ?」
「(山ほどあるんだってば)・・・はぁ。じゃあ休み明けにトライします(泣)」

ということで連休中のコンペ参加は見逃してもらったけど、なかば脅されたような
カタチでGW後に登らなきゃならないはめに。
今の私の実力で登れるコンペ課題なんてあるんだろか・・。

う〜む困ったなぁ。でも、参加賞もらえるっていうから。まぁ、やってみるかぁ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

江古田で昼飲み

今日は江古田へ行って来た。

駅前の風景が昔とほとんど変わってなくて、プチおセンチ気分に。
学生時代から20代ずっと、江古田と下北沢って私のなかで一番「なごむねぇ〜」
という街だったのだ。

下北沢はお芝居見たり、ライブ行ったり、古着買ったり。
江古田は住んでる友達が多かったし安くて美味しいお店が多かったので・・。

・・・と考えたら、今も私って好きなことはそんなに変わってないんだなぁ。
相変わらず、古着屋行って、ライブ行って、美味しいもの食べて。
(う〜ん、成長が止まってる・・)

さて、今日の目的は【GWだし、お天道さんの明るいうちから飲もう!】だったのです。
行ったお店はシャマイムというイスラエル料理のお店。

私の乗ってた電車が事故で止まっちゃって、遅刻しちゃったんだけど、
お店に到着するやいなや、「豆のペーストめちゃウマだから」「スープも激うま!」
とオススメの嵐(笑)。いやぁ、でもほんとに美味しかったの♪

普段【食べ放題】って言葉にはぜんぜん魅力を感じていない私なのだけど、
ここの食べ放題はィイイネッ!

うまいっす!ご当地ビールお豆や野菜が主体なのでおなかいっぱい食べても
ヘルシー♪
そのせいか安心して、
食べ尽くしたのでした!

結局、1時半から4時間
くらいお店にいたよ・・。
(長居しすぎ?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »