« 午前中は・・ | トップページ | ラストは大英博物館 »

待望のV&A

P4140270
科学博物館のあとはV&A
V&A美術館は世界最初の装飾美術博物館。
私はロンドンのガイドブックを読んだ時から、
ずっとここへ行きたくてたまらなかったのです。
mixiつながりのzzちゃんも「お薦めです!」の
太鼓判で、まだ日本にいる時から期待フルス
ロットル状態だったのだ。


館内はテキルタイル・金工・陶磁器・木工・彫刻・ガラス他、ありとあらゆる
工芸品・美術作品の数々が。世界一大きなペルシャ絨毯とか、400年前の
時代の精巧な刺繍とか、そんなコレクションが500万点にも及ぶのです。

美術館の建物は増改築を繰り返しているようで、廊下や階段がまるで迷路
のようにつながっていて、部屋数は140室余り、見学ルート全長は13km!
という途方もない規模!

3日あっても見切れないものを2時間程度で見て回るというのは、なんとも
辛いのだけど仕方ないよなぁ。。

というか・・。
あまりにも大量のコレクションを一度に目の当たりにして、目眩はするし、
心臓は激しくバクバクするしで、私ったらしばし呆然。歩けなくなる有様でした。
(大げさでもなんでもなく、本当に一時動けなくなってしまったのよ)

P4140275P4140282








|

« 午前中は・・ | トップページ | ラストは大英博物館 »

「旅のこと」カテゴリの記事

コメント

zzちゃんて人がいるんだぁ。
ワシの親戚ですかね。

mixiってすごいみたいね。

投稿: ぜっとぜっと | 2005年4月22日 (金) 21時40分

なんかわかる!心臓どきどきして視界が周ったり・・・。
通わないとちょっと無理な量だもんね〜〜外国の美術館て。
名作一個でも放つ光がちがうのに二時間で見て周るのは・・・(汗

日本もこういうのちゃんとお金かけてほしいなあ。
もったいないよねえ。といって使ってる時の物の美しさが一番好きだけども。

投稿: ネコ缶 | 2005年4月23日 (土) 08時10分

こっ ここは ボクにとっての東急ハンズでしょうか!?
ズーッといても飽きない。
いつも時間が足りない。
じっくりと もっといたい ってなもんで。

投稿: ろっし | 2005年4月23日 (土) 09時07分

■ぜっとぜっとさん
そっかっ!ぜっとぜっとさん、zzだもんねぇ。どうも本名知ってると、
本名見ながらも○○さんとフリガナふって読んでる私でした。笑
mixi招待しましょか?でもぜっとぜっとさん知り合い多すぎて、大変かも!

■ネコ缶ちゃん
そーなのよねー。規模が違う。大英帝国なんだなぁ、ってしみじみ。
で、美術館、博物館は入場料無料じゃん。素晴らしいよね。ってまたしみじみ。

■ろっし さん
そうそう、ずーーっとこの人ここに居るんだろうな、って思われる人が
大勢いるの。だって館内、それも展示室内のいたるところにベンチあるし。
私も東急ハンズ大好きっ!一番スキなハンズはもちろん渋谷さっ!

投稿: OK | 2005年4月24日 (日) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175264

この記事へのトラックバック一覧です: 待望のV&A:

« 午前中は・・ | トップページ | ラストは大英博物館 »