« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

今日は暑かった

はお昼ごろまで寝てようと決めたわけだけど(昨日遅かったので・・テヘ)、
あまりの暑さに11時には起きてしまったよ。

ニュースではなんか“真夏日”とか、“気象観測史上・・”とか言ってたね。


さてGW初日。今日はずっとやろうと思っていた衣替え&ニットの手洗い
の日でした。

私は、アクロンでセーターを手洗いする作業がけっこう好きなのです。
そしていっつも押し洗いしている最中に、
「アクロンなら毛糸洗いに自信が持てます♪」という歌が頭をよぎるのだ・・。
(小堺クンって嫌いなのに、なんでだろ。刷り込まれてるのよ。やだねぇ〜)

ほんとすごいね、CMソングって。
「お正月を写そう♪」とか「それにつけてもおやつはカール♪」とか
いまだにスルッと歌えるも〜ん。
最近のCMだったら、なんだろ。
やっぱ、「ハト麦、玄米、月見草〜♪」だな〜。

なんて考えてるあいだに、あっという間にセーター8枚、乾いちゃいました。
ほんと暑かったのねぇ。今日は。


☆夕御飯は冷やし中華でした。(ほんとにくどいですが、暑かったのだ!)
☆今日の『タイガー&ドラゴン』・・荒川良々も良かったけど、大森南朋 が出てたのよぉ〜。激しくステキ♪イヤな役でも色っぽい。むふ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎月28日といえば・・・

ce9fb89f.jpg 
自分的恒例行事、雑誌『NIKITA』の
見出しチェッーク!なのですが、
今日の朝見たら、ちょっとパワーダウンしてきてる〜。

NIKITA編集部さん、頑張って!!
低血圧の私の朝を目の覚めるような見出しで
笑わせてほしいのよぉ。

ま、それでも一応、箇条書き。

30オンナのモテ化粧「四十八手」
 ・白シャツには「白目イク」とか。
 ・お手入れしながらちょい化け 一石二鳥の「寝ても平気化粧」(平気って・・!)
■ニッポンの艶女(アテージョ)たちよ、いまこそお尻コンシャスたれ!
 艶尻(アデジリ)オンナの"悩殺"ボトム2005

先月のほうがずっと冴えてたんだけどな!
■“知的?"なつもりがあぁ"地味女(ジミータ)"に!?
■いま、イタリア女は「乳間(ニュウカン)ポロ」

・・・乳間ポロって。すばらしすぎる。誰がどんな顔して考えてるんだ?どんなヤツが?


残念なことに、私はまだ本屋さんでアデージョが『NIKITA』を買ってる現場を
目撃できてないの・。
(やっぱ『LEON』読んでるちょいモテオヤジとつるんでらっしゃるのぉ?
気になる気になるぅ。)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

馬喰町&人形町

とっても気持ちの良い土曜日でした。
スギ花粉もすっかり落ち着いて、スギ茶も目薬もいらなくなって爽快♪

今日は昼間、【馬喰町がっちり買いましょうツアー】でした。
やば〜いくらいの安いお洋服をたくさん買ってしまいました。
スカート2枚にTシャツ3枚、タンクトップが1枚。合計して1万くらい!笑

夕方、Mさんと人形町で待ち合わせ。
私はちょっと早く着いたので、待ち合わせ場所の地下鉄出口じゃなくって、
甘酒横丁柳屋へ。行列が出来てたけどMさんは柳屋の鯛焼きを食べたこと
無いって聞いていたので、「食べさせてあげたいっ」って思って並んでみた。
ようやく手に出来た鯛焼きは皮はあくまでも薄くパリッ!あんこは薄甘でホクッと
おいしゅうございました。
同じ鯛焼きなのに、麻布十番とも四谷とも微妙に違う・・。深いのぉ甘味道!


鯛焼きを食べたあとは、さてどこで飲もうか・・と歩きながらお店を探す。

「あっ!に行く?予約してないからダメモトで・・」
とお店に入ると、奇跡的に2席だけあいてました。ラッキー♪

荻で出てくる串焼きは、なんていうか一串、一串、出てくるたびにうなってしまう。
まずビギナーはつくねで無言になるの(笑)。ノックアウトされちゃうのだね。
あのふわっとして肉汁がじゅわーーっと出てくるのがたまらんの。

そのほか、ラム(ブルーチーズのソースをつけて食べるのが最高なの)とか
レバーも美味美味。トマトの肉巻き他、茗荷やネギ焼きなどの野菜類もあなどれません!

このお店に来ると、お酒は日本酒よりワインなんだよなぁ〜。いつもよりすすむのよ。

おまかせコースはストップかけるまで、いろんな串がでてきます。
それぞれが「はぁ、そうきましたか・・」というお仕事ぶりで、お腹がいっぱい
になってきていても、ついつい次の串が気になって、ストップかけるのがおく
れてしまい、食べすぎてしまうのが難といえば難かしら。(笑)

あれダイエットしてたんじゃなかったっけ?>私

| | コメント (6) | トラックバック (0)

途中で自然史博物館へ

お買い物途中で「あっ、この近くに自然史博物館あるからちょっと寄ろうよ」
ってことで、おととい時間が無くなっちゃって行けなかった自然史博物館へ向かう。

P4150312P4150317







この旅ではここに行く時間はないかと諦めてたので、最後に行けてよかったです。
恐竜の量もすごいけど、荘厳な建物のなかに恐竜のホネという、その空間自体
がなんともいいのです。
ただし、カフェが高い!サーモンベーグル1個で£4.3って価格設定無茶ですっ!

博物館を出てからはボンドストリートあたりの高級ブティックが並ぶあたりとか、
いろんな通りをぶらぶらっと見て回りました。
男性向けのお店がとっても多いのにびっくり。靴屋さん、ワイシャツのお店、
スーツのお店、ベストだけのお店、ガウンだけのお店なんていうのもあって、
とにかくイギリスって【紳士の国】なんだなぁ〜と改めて思ったのでした。

ホテルに戻って、ホテルからタクシーでヒースロー空港へ。
異常な渋滞で空港になかなか着くことができなくって汗っ!
でもね、なんと!私達の乗る飛行機の乗務員の方々もこの道路渋滞で遅刻して
しまい、飛行機の離陸時間が30分位遅延したのでした。
(そんな理由ってはじめて)
帰りの飛行機はひたすら爆睡!日本までの12時間があっという間でした(笑)

というわけでロンドン旅行レポ、終わりです。
(あぁ、一週間をまとめて書くのは疲れるのねぇ・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてとお買い物

ホテルにトランクを預けて、いつものとおり地下鉄に。
さて。今日は待ちに待ったお買い物ディ♪♪うひゃほぉ〜!

まずはpringle。雑誌で見たジャージがあったら買おうかなぁって思いつつ、
アーガイル模様の春夏ニットを見たら可愛くって、サイズを出してもらって
即試着!グッドグッドじゃないですかぁ〜〜。
店員さんも「このサイズはあなたしか着れる人がいないし、あなたのため
に作ったようなものよ。」などというので思わず買ってしまいました(笑)。

そこからサウスケンジントン方面に歩いて、キャスキッドソンへ。
お店自体がめちゃラブリーで、やられます。あぁ、部屋ごと欲しい!
パジャマが欲しかったんだけど、サイズが無くってあきらめる。
(どうせXSです、チビで悪かったわねん)
で、お化粧ポーチを買いました。しかし高い・・・。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう最終日

あっというまに最終日なのでした。
ここでの朝食も今日が最後と思うと、ちょっぴり悲しい・・。
というわけだからじゃないけれど、パンを多めに取りすぎて朝から食べすぎ気味の私。

↓これが今回泊まっていた【K West Hotel & spa】

P4150308_3P4130146_2ケンジントンガーデン
の西、ノッティングヒル
にも近いんです。

泊まったのはスタンダ
ードタイプだけど部屋
広かったなぁ~。
CP高いホテルです!

とにかく何もかもがすっきりとクールなデザイン。
“BEST HOTEL IN LONDON ”を受賞しているだけあります。
従業員の制服もレセプションからお掃除の人まで黒の上下で統一されてました。
室内の設備も充実していて大満足でした。
で、お薦めはやっぱりSPA! 宿泊客は無料で利用できるので、毎晩ホテルに戻る
とジャグジーに浸かっていました。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ラストは大英博物館

V&A美術館を出たあと、ナイツブリッジあたりをウィンドショッピング。
ハロッズなどにも一応入ってみたけど、欲しいものは無し。
(なんか三越みたいな、デパートね。)
よく考えたら、日本でもデパートじゃ洋服って買わないもんなぁ〜、私。

で、二階建てバス乗って、大英博物館方面へ。
たまたま乗ったバスがもうすぐ廃止になる旧型のダブルデッカーだったの♪
街を歩いていて見かけるバスのほとんどがもう新型のバス(ワンマンタイプ)だった
ので、まさか旧型(=車掌さんがいて、降りたい時ヒモをひっぱるタイプのバス)に
乗れるとは思ってなかったので嬉しかったなぁ・・。

P4150288さて大英美術館。
(←はガーキンと同じノーマンフォスターの設計)
エジプトコーナー(↓)はほんとに大人気。

P4150297ここは日本人他、アジア人の団
体観光客がダントツ多かったっ!
で、とにかく皆さんミイラが見た
いようで、
「ミイラどこ?どこやーっ?はよ、
見とかんとバス行ってまうで!」
とおばちゃん達があせりまくって
いる姿をたくさん目撃しました。

さて、この日のディナーは・・・。
イギリスの国民食とまで言われているインド料理に決定!となって、ソーホーにある
MasalaZoneというお店。
広いお店なのに満席!とっても人気のあるお店のようでした。
カレーはとっても美味しかったのだけど、とにかく量が多かったぁ。。
う〜ん。日本人って少食??それともイギリス人が大食いなのでしょか?

P4150304P4150306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望のV&A

P4140270
科学博物館のあとはV&A
V&A美術館は世界最初の装飾美術博物館。
私はロンドンのガイドブックを読んだ時から、
ずっとここへ行きたくてたまらなかったのです。
mixiつながりのzzちゃんも「お薦めです!」の
太鼓判で、まだ日本にいる時から期待フルス
ロットル状態だったのだ。


館内はテキルタイル・金工・陶磁器・木工・彫刻・ガラス他、ありとあらゆる
工芸品・美術作品の数々が。世界一大きなペルシャ絨毯とか、400年前の
時代の精巧な刺繍とか、そんなコレクションが500万点にも及ぶのです。

美術館の建物は増改築を繰り返しているようで、廊下や階段がまるで迷路
のようにつながっていて、部屋数は140室余り、見学ルート全長は13km!
という途方もない規模!

3日あっても見切れないものを2時間程度で見て回るというのは、なんとも
辛いのだけど仕方ないよなぁ。。

というか・・。
あまりにも大量のコレクションを一度に目の当たりにして、目眩はするし、
心臓は激しくバクバクするしで、私ったらしばし呆然。歩けなくなる有様でした。
(大げさでもなんでもなく、本当に一時動けなくなってしまったのよ)

P4140275P4140282








| | コメント (4) | トラックバック (0)

午前中は・・

まずは自然史博物館でしょ!ってことで建物の中へ。
「大きすぎて館内mapを見てもどこに何があるのかわからないねぇ〜」
「恐竜はどこにいるのかなぁ?」
なんて話しながら館内を歩く・・・・。歩く・・・・。歩く・・・・・・・。ん?
歩きながらも興味深い展示物がいっぱい。飛行機、自動車、機関車・・
えっ、機関車??

あれ?もしかして、ここ自然史博物館じゃないよーー?!
そう!私達は間違って科学博物館に来てたのでした。テヘへ(笑)

P4140256この博物館、「科学」という名前がついてる
けれど、科学というよりむしろ「技術」博物
館という感じでした。
小学生や中学生の男の子達が目を輝かせ
走りまわりながら展示物を見てます。
もちろん大人の私でもかなりワクワク☆


P41402652ground floorにある「Deep Blue cafe」は
照明を落としたインテリアで大人っぽい雰囲気。

学校の遠足などで小さい子も大勢来るような
博物館でこういうカフェがあるのがいいよね。
子供に迎合してないっていうのがね。



ちなみにこのカフェは、【Best Restaurant for Kids 】という賞を獲得しているとか・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4/14 ミュージアムめぐりの日

ロンドン4日め、朝9時半過ぎに地下鉄に乗ってLancasterGate駅へ。
(地下鉄・バスが乗り放題のトラベルカードは朝9時半以降だとオフピーク料金で
安いのです)

P4140245_2駅を降りたら目の前はすぐKensington Gardens。
あまりの広さに圧倒されつつ、お散歩を
かねて縦断。
ジョギングする人、犬のお散歩、そして
池や芝の上に野鳥がたくさんいました。
(でもカラスはなぜか一羽もいないの!
なぜだ?まぁいなくていいのですが。)

「中学校の英語の教科書、ハイドパークのリスの話が出てたなぁ〜」なんて
思い出したりしちゃった。でも散歩中、リスの姿は発見できなかったけど(寂)

P4140251P4130197








通りには桜が満開♪
ここに限らずロンドンではいたるところで桜が満開で、日本でお花見できなかった
私は、とっても嬉しかったのでした〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスお茶事情

前回ロンドンに行ったのは学生旅行だったから、もう10年以上も前の話。
その頃と今回とで、「ロンドンも変わったよなぁ〜」ってしみじみ感じたのは、
ファーストフードのお店がすっごく増えていたこと。
イギリス人ってアメリカ嫌いなのに…、ジャンクフードは志をも変えちゃうのか。

通りを見渡せば、スターバックスがそこらじゅうにあるし、その他にもいわゆる
シアトル系コーヒー店(COSTAが強し)が目立って多かったのには驚いたよ。
だってイギリスって紅茶の国でしょ〜?
(ま、日本も緑茶の国なのに、緑茶を飲めるカフェってそうそう無いけどぉ・・)

昔ロンドン行ったときは、お店でコーヒーを頼むと必ず
「Black or White?」って聞かれてさ、「white」なんて頼んじゃったものなら、
なんだか、ジャボジャボッとミルクを入れたカフェオレとはまったく別物の不味い
ミルクコーヒーが出てきたりしたんだよね〜。
それどころか、【コーヒー=ミルクコーヒー】という店もあったなぁ〜。
(まともなブラックコーヒーはハナっから置いちゃいないのさ。)

それが今じゃ、カフェラッテなんて言葉がどこでも通じちゃうの。あのロンドンで!!

う〜ん、いいんだか悪いんだか・・・。
いや、良くない。やっぱりどこの国行っても同じっていうのはつまんないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りの車窓から・・

P4140230P4130181




P4140228P4140239









車窓を流れるコッツウォルツの村々の景色を見ていると、ここを去るのがなんとも
さびしかったな。後ろ髪をひかれるっていうのはああいうことなのね。。
途中で視界いっぱいに広がる菜の花畑がみえました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

KELMSCOTT MANOR

P4130194P4130198P4130208










午後は、Biburyから田舎道を走らせ、Kelmscottに到着。
ここは、ウィリアム・モリスが過ごしたKelmscott manorと呼ばれる家があって
春~夏の水曜日の午後のみ公開されていると聞いて、訪ねてみました。

お客さんはイギリス人の中高年がほとんど。日本でも史跡を巡る会とかもそんな
感じでしょ。ほんとまさにそんな方々が熱心に、部屋の隅々までゆっくりと見学を
していました。イギリスのおじいちゃん達はダンディでなんとも言えず素敵。
室内は写真を撮らなかったので見せられないけど、ほんとうに素晴らしかったぁ。
タペストリーやカーテンも家具も何もかもがラブリーでした。
家の外はいろんな野鳥が飛んでいて、モリスのテキスタイルのモチーフに鳥が
多い理由がわかった気が…。空は青空、の〜んびり日光浴しちゃった。

P4130218P4130219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼になりました

Biburyはとても小さな村で、目立ったお店は郵便局と鱒の養殖所が経営してる
ショップくらいなものなの。
レストランも特に見当たらないので、村にあったスワン・ホテルというホテルに
行き、そこのレストランに入ってみました。

P4130187外観はほかの家々と同じような蜂蜜色の
建物だったので、中もそういう風なのかと
思いながら一歩入ってみたらびっくり!
とってもモダンでスタイリッシュなデザイン
のインテリア。センス良いなぁ~。
壁に飾られてる絵もとても素敵でした。
良いレストランです、ほんと。

P4130188P4130189








私はfish&chips(↑写真左)、相方は鱒のローストです。
めちゃくちゃ美味しかったなぁ!ほんとに今思い出しただけでもヨダレが…。
fish&chipsってジャンクフード的なものだと思っていたけれど、こんなふうなきちん
としたレストランのメインディッシュとして食べることもあるんですねぇ。
かなり大きい魚の切り身だったのに、お皿をなめたかのように完食っ!笑
* この日あたりから体重計に乗れない状態になってきてる私なのだ・・。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Biburyへ到着

P4130160まずは、かつてウイリアム・モリスが
「英国で最も美しい村」と絶賛したという
Biburyに到着。
いやん♪
このお庭を見ただけですでに悶絶気味
になる私。


家並みも小川も羊もカモも、とにかく見るもの全てが、絵本のようなのです。
観光客もそれなりにいるけど、せかせか歩いている人は一人もいないの。
はちみつ色の村・・・う〜ん幸せな気分だぁ。

P4130159P4130173






P4130183P4130175






私は、カモ達が可愛くてやたら夢中でシャッターを押しまくってました。
(日本に帰ってきて、写真を見たらカモのアルバムが作れるくらいあったわ…)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/13 コッツウォルツへ日帰りドライブ

朝、ホテルを出た時はあいにくの雨。
「あぁ〜、せっかくの初・英国ドライブなのにね〜」なんて話しながら地下鉄で
Victoria駅へ。
P4130148hertzでクルマを借り、London中心部から
高速に乗り、約2時間のCotswolds地方
MPドライブ旅行へGo!
・・とは言っても、私はナビ担当なんですが(笑)。
(私にしては、かなりマジメに頑張ったのよ。
地図と標識を必死に見てナビりにナビった!)


P4130149P4130158ロンドンも桜満開!
(写真左)

郊外に行く頃には
天気も晴れてきま
した。ウキウキ☆



イギリスはロンドンの中心部以外は、運転しやすそうな気がしました。
老若男女みなスピードはびっくりするほど出してるけれど、マナーはいいし、
標識はわかりやすいし、渋滞もないし、信号がほとんど無くってまっすぐ目的
地へ進んでいく感じの道路なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LondonEye&RiverCruise(おのぼりさん万歳っ)

P4120083午後はTate Modernからスタート。
この建物は元は発電所だったのだとか。
イギリスはこんなふうに、古い建物をじょうず
に再利用するのがほんとに上手いね。
美術館の真下のミレニアム・ブリッジでテム
ズ川を渡ればセントポール大聖堂に行けます。


このあとは、世界最大の観覧車【ロンドン・アイ】に搭乗してきました〜!
(BritishAirWaysがやってるので、乗ることを搭乗(フライト)と言うらしい 笑)
1つのカプセルは25人乗りで、1周、だいたい30分くらいです。

P4130108_3P4120102_2








乗っている途中でも雨が降ったりやんだり、めまぐるしく天気が変わるのでした。
さすがロンドンだなぁー。

アイを降りたらすぐそのまま、隣の乗り場から今度はリバークルーズへGo!
P4130113P4130115








今回、日本からロンドンアイのHPで【Eye&Cruise】のセットを予約をしていきました。
(Webだとちょっと安いんです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼はイタリアン

ロンドンブリッジを渡って、テムズ川沿いのデザインミュージアムへ向かう。
ここはコンラン卿が設立したミュージアムで
“世界で初めて日用品のデザインに注目した美術館”だとか。

P4120054
P4120055このあたりはかつて
倉庫街だったのを、
コンラン卿が大改築
し、レストランや居住
区としてうまれかわっ
たのだそうです。


このあたりのレストランはどこもテムズ川に面しテラスが作られていて、なんとも
気持ちよく、ゆったりと食事がしたくなる空間になっていました。

ちょうどお昼どきで私達のお腹もすいてきたので、美味しそうなオリーブオイルの
かおりに誘われてイタリアンレストランにはいってみることに。
ASKというお店で、ロンドンではチェーン展開してるみたい)

給仕の女の子の英語がめちゃめちゃイタリア訛り(巻き舌効きすぎる)で、ききと
りづらかったのをなんとか身振り手振りでオーダー。英語下手にはきついっす。
それにしても、よくイギリスの食事は不味い、というけれど、それって過去の
話なのかなって思いました。
それほどここのお店は美味しかったです。いきなりガツン!!とやられましたもん。
不味いどころかあんな美味しいイタリアン、東京でもそんなないって思ったよ。

P4120076P4120077

濃厚なトマトソース
の色と味。
今すぐにでもまた
食べたいです!

美味しかったなぁ。




P4120068食事を終えてからデザインミュージアムへ。
建物もこじんまりとしているし、展示物もさほど
多くなくて、全体的にこざっぱりとまとめた印象。
過去から現在まで時代をたどって家電や家具
のデザインが見られるのはなかなか面白いけ
ど、チケット代がちょっと高いかなぁ、という気も
しました。あっというまに館内を見終わっちゃう
からそう感じてしまったのかも。


それでも、階段のステップを利用した展示の仕方をはじめ、ここかしこにグッドデザ
インのヒントがあってさすが。トイレのハンドソープまでがかっこよかったもんなぁ。

P4120063P4120066

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4/12 まずは建築探訪へ

LONDONというと、ビッグベンみたいな煉瓦造り・石造りのどっしりした建物を
イメージするものだと思うのだけど・・・
ここ最近のロンドンは新しい建造物ラッシュのようで、新旧の建物が取り混ざった
光景は見ていてとってもわくわくしてくる面白さがありました☆

P4120027_2【30セント メリー アクス(30 St Mary Axe)】
私はこれが一番、間近でこの目で見たかったのだっ!

スイス・リ社という会社の本社ビルです。
こんなカタチだけどレッキとしたオフィスビルです。
こんな中でお仕事してる人がいるなんてね・・。
ちなみにロンドン市民はガーキン(ピクルスに使う
キュウリのこと)という愛称でこのビルを呼んでる
そうです。


そして、ガーキンのすぐそばには、ロイズ保険の本社ビルが。。
P4120024_2P4120023

これもめちゃカッコ良かったぁ〜。
外側にガラス張りのエレベーター
がシャキーンと配置され、その中
をスーツ姿の英国紳士が昇って
いく様は、まるで近未来SFのよう
でなんともクールでした。
『未来世紀ブラジル』を彷彿と
させます)

チャールズ皇太子はこのビルディングを見た時、「石油コンビナートみたいだ」
と批判したらしいけど、そこがかっこいいんじゃないって言ってあげたいわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さらっと旅の記録をば・・

■4月11日 London到着  夕方近くにHeathrow空港へ到着しました。 

P4120004空港から【Heathrow Express】に乗るとたった
の15分でロンドンの中心部まで行けるの。
ただ、片道£14.0(約2800円)という乗車料金は
ちょっと高すぎよねぇ〜。

←車内は高い値段出すだけあって超豪華!
(乗車時間短いのにテレビ付!)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ただいま〜!

P4120101無事、ロンドンから帰ってきましたぁ〜!
とってもとっても楽しかったです。
見るものすべてが【英国】って感じでね
(当たり前ですが)
満喫したっ!
でもぜんぜん見足りてない気分…。
また明日にでもすぐに行きたいよぉ。
これから少しずつ旅行の記録アップ
していきますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

そろそろ・・

もうめんどうくさい・・明後日は朝早く家を出なくてはならないので、
そろそろ旅行の荷物、まとめ始めました。

服とかたたみながら、よくよく、考えたらさ・・。
私、今の会社に来てから1週間休むのって
初めてなのよ!!
お盆やお正月のお休みを使って旅行をしたこと
はあっても、有給1週間って無かったわぁ〜。
う〜ん、エラかったなぁ、私。


ヘラヘラやってるようでけっこう頑張ってきてたよ、今まで。

今回の旅行は、イキオイで決めちゃったものなのですが、そう考えると
私、神様から「ごほうび」をいただいたような気がしてきたのです。

ありがとっ♪私の神様

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なぜに日本語・・?

No--!ニューオーダーの「クラフティ」の日本語バージョン
もう大好き。爆笑もんです!!
冗談でやってんの?あれ。

仕事中ラジオから「アル朝 君ガ 目ガ覚メテー♪」
って流れてきたときには思わずPC打つ指が震えて・・。

もともとニューオーダーって演奏ヘタじゃない?(プロに向かって失礼ですが)
その演奏に、拙い日本語のヴォーカルがのっかると、ここまでデタラメ感って
広がるもんなんですねぇ。感動しました、かなり衝撃!

「先ニ暗号デー、君ヲ成サナイー ♪」
って、その歌詞自体が意味成さないんだよー!って突っ込み入れる力も
抜ける脱力具合。(あっもしかしてそれが狙い? 浮遊感を超えた脱力感?)

ファンの方々はどう思っているんでしょか?そこがちと気になる。。
ちなみに私、ドゥドゥドゥ・デ・ダァダァダァ を聴いたときは、ポリスのファンを
やめようかと思いました。。笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『冷凍トイレ!』 (回文なり)

昨日、Rayちゃんがmixiで彼女が書いてる日記に書いてたサイトが
面白かったので、ここでも紹介するね。

【あなたがつぶやく最期の言葉】

ちなみに、私がつぶやく最期のことばは

「つぼは花瓶にも骨壷にもなるよ」
走りすぎ、過呼吸をこじらせ、死亡。(推定年令:不明)
・・・死亡推定年令が不明なら、言っていることも意味不明だわ。

人によっては、「あなたに会えて良かった」とか「今までほんとうにありがとう」
なんて美しい言葉が出てくるらしいのに・・。
なぜ私は、これなんだろ、トホホ。


ちなみに「冷凍トイレ!」は、今日、私がつぶやいとくと良いらしい
ラッキーワードなのでした。

これで私の今日は五つ星〜☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近部屋でははこればっかり

db96720f.jpgLITTLE BARRIE
う〜ん久しぶりに胸躍るワタシ好みのバンド☆

なんたって、3ピース!(ワタシは3ピースバンドに弱い)
ほんと、最小限・シンプル、だけど深いだなぁ〜!
若いのにいいよ、LITTLE BARRIE。
悪ガキっぽい声もいいし、黒っぽいグルーブ感も気持ちいいのよ。

音楽ライターか誰かが彼らのことを
トラフィック meets スライ&ザ・ファミリ−・スト−ン〉と表現していたけど、けっこう巧い言い方だと思ったよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一番搾り

c2f8269c.jpg今やってる「一番搾り」のCM見た?
あれ見てると、ビール飲みたくなるってよりは、
お腹がすいて辛抱たまらんって状態になっちゃうの。

あのCMって、全部で10編あるんだそうです。
どれも佐藤浩一、めちゃ美味しそうに食べてるよね。

実際は美味しいっていうより、タイトな撮影期間で
あれぜんぶ食べてるわけだから、けっこうヘビーだと・・。
やっぱり役者さんってすごいね。きちんと芝居してるんだね〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あたまグルグル〜

今日は4月1日。エイプリルフールですね。
でも、ま、ウソついてるヒマもないくらいバタバタなわけです。
月初だし、新年度だし、週末だし!!トリプルで重なってるワケなんス。

でもって、あと10日後にはLONDONだったりするわけで、そっち方面も
プランニングだとか持っていくものの支度だとかで、バタついてるし。
(まぁ、これは仕事じゃないので忙しくても平気なんだけどさ)

それにしても、ロンドン、物価高いぃぃぃ〜(泣!)
日本より高いんじゃないの??
お買い物はたいしたもの買えなそうな気がしてきたよ。
泊まるホテルがノッティングヒルに近いので、「Cath Kidston行く〜!」と
意気込んでいたのだけど、なんか渋谷のSHIPSで買うほうが値段安くないか?!
(アレッ?)
GOLAの薄底スニーカーも欲しいなぁ!
って思ってたけど、ABCマートで買ったほうが絶対安そう。。

こうなったら、古着屋さんねらうしかないな。。
う〜ん、学生時代のロンドン旅行とまったく一緒だったりするな、これ。
成長ナシのワタシなのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »