« 武蔵野茶房にて | トップページ | 『春夏秋冬そして春』 »

終電なのに・・

五反田で飲んで、途中、恵比寿から最終の湘南新宿ラインに座れたので、
今読んでる文庫をバッグから取り出して読み始めた。
普段お酒を飲んで帰った時は、まず酔っているから、雑誌ならともかく、
文庫本の、それも話の込み入ったミステリーなんて絶対読む気にならない
んだけど。

「蛇の形」 ミネット・ウォルターズ
〜20年前に自宅近くで死んだ黒人女性。主人公ラニラはその死に疑問を持ち、
事件の捜査をひそかに開始する〜

あらすじを読んだときは、20年もそんなに親しくもない隣人の死を思い続ける、
そんな設定、無茶な気がして正直あまり面白くなさそうって思った。
なのに、この本を買ったのは、ワタシの好きな書評家の豊崎由美さんが推して
いたから。ただそれだけの理由。

そして、今、猛烈にはまりまくっているのでした。
いやぁ、ひたすら濃い。緻密。登場人物それぞれの心理描写、生活背景。
ほんとうに丁寧に書かれていることにひたすら感服。

そんなわけで、酔ったアタマなのに深く深く入りこんで読んでしまったために、
「はっ!」と気づいたら、自分の降りる駅を乗り過ごしていたのでした。
やっちゃったぁ・・。
でも、タクシー(戻る電車はとっくに終わってたのさ)の中の暗がりの中でも、
私ってば、まだ本を読み続けていたりするんだな。これがまた・・。

蛇の形あぁ、ラストはどんなふうなんだろう!
今からドキドキしてくるよ。
とっても待ち遠しいんだけれど、でも読み終わるのが
なんだか惜しい気もしてくるし・・・。

ページをめくる私の指は、「早くぅ」と「もっとゆっくり」という
アンビバレンツな感情で揺れ動くのでありました。

|

« 武蔵野茶房にて | トップページ | 『春夏秋冬そして春』 »

「見て聴いて読んで」カテゴリの記事

コメント

必殺 乗り過ごし、やっちまいましたか。
ひと駅程度なら まぁ許容できるかと。
それにしても、本の虎状態なんでつねぃ。
どうか目を悪くされないように。

投稿: ろっし | 2004年11月11日 (木) 13時32分

最近座って帰ることないから「乗り過ごし」ってそういえば久しくしてないなぁ。
夢中になってると時間の感覚が吹っ飛んじゃうからね。
ま、一駅で(一駅なの?)よかったべ。

投稿: ぷじお | 2004年11月11日 (木) 17時10分

>必殺 乗り過ごし
ワシ、これをせんために本を読むようになってんけどなぁ
本を持つ前は、東横〜日比谷線を何往復した事か(汗)

けんど、これおもろそうねぇ
読んでみよ、いつか(爆)

投稿: ワシ | 2004年11月11日 (木) 18時01分

■ろっしちゃん
本の虎・・。ミステリーに限るなんだけどね。
目はね、もう悪いからいいかなって。乱視もきてるらしいのが困るけど。

■ぷじおちゃん
その一駅が、ウチあたりになると命取りなんですっ!渋谷-原宿みたいには歩けないっつの!

■ワシちゃん
本持たないとなんで乗り過ごしするの?あっ寝過ごすってことか。
今はマイカー通勤でしょ? ストレス無さそうでいいなぁ〜。

投稿: OK | 2004年11月12日 (金) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115973/2175374

この記事へのトラックバック一覧です: 終電なのに・・:

« 武蔵野茶房にて | トップページ | 『春夏秋冬そして春』 »