« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

ジャムでしあわせ

今日は日曜日。
ちょっと遅めの朝ごはん、今朝のメインキャストはジャム!
先日、鎌倉の「Romi-Unie Confiture」というジャム屋さんに行ってきました。

看板
黒板
ここのジャムは、「アプリコットとはちみつ」、「ブルーベリーとキルシュ」など
まるで洋菓子のような素材使いをしているの。

店内にはたくさんの美味しそうなジャムが並んでいて、どれを買おうかとっても迷います。

JAM 
私は、季節のジャム、「L'eclat(カシスとマロン)」と
「Potate(さつまいもとバニラ)」の2種類を購入。
ドイツ製のリサイクルビンに詰められていて見た目も
とっても可愛らしいのです♪

potate VIRONのバゲットにのせて食べてみたよ。

80mlで600円前後・・・・。
普段使いするにはちょっと高いけど、いつもの朝食をスペシャルなものにしたいときはピッタリです。
こんな小さな贅沢で、うっとり満ち足りた気分になれるならお安いものだわ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リードしてきた

今日は雨だったので、クライミング・ジムは激混み・・。

久し振りにリードやったんだけど、今日はそんなに高所恐怖症には
ならなかったな。
登りに余裕があるときは、怖くないのよね〜。(当たり前だっつの)

「ボルダーで高いとこから落ちても平気なのに、どうしてリードだと
あんな怖がりなのよ?」って聞かれることがよくある。
ほんと、自分で自分が情けなくなっちゃうわ。

☆今日、注意された事
・ホールドに足を乗せるとき音をさせない(丁寧にのせられる=正しい体勢)
・カウンターバランス他、適材適所にムーブを生かす
・足をあげすぎない。低めのホールドから足を探すクセをつける。
・クリップ&レストのリズム(メリハリつける)

う〜ん、身体が覚えこむまで、何回も登らなきゃダメだな。こりゃ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中下車の呑み

今日は月末で仕事バタバタしててヘロり気味。。
「明日は土曜出勤日だし、今日はまっすぐ帰ろっと」と固く決心。

なのに、山手線の代々木あたりを過ぎた頃、携帯にメールが入る。
ろっし氏だ。やばい。中身読む前から、氷の入ったグラスを想像しちゃう私・・。
「ちょっと飲みにいきます」・・・ほらね〜〜。やばい、やばいよ〜
「埼京線の○○駅だよ」えっ、そんなとこにわざわざ行くような店あるの?
・・・気になります・・・モウレツに気になってきましたっ!。っちうわけで速攻レス。

「ストーカーします。駅ついたら迎えに来てねん」
そんなこんなで初めて降りた埼京線の某駅。・・えっ?こんなとこに店なんてあるの〜??

SHELF
omise
焼鳥屋だというので、ガード下の一杯飲み屋みたいなお店を想像していたのに、行ってびっくり!
とてもきれいなお店でした。うひゃぁ〜焼酎、かなりいい感じで揃ってるわ♪

期待が高まってくるぅぅ!

カウンターに座って、黒糖は何があるのかマスターにおうかがい。
すると嬉しいことに「長雲」がありました。3ヶ月ぶりかな??久しぶりのご対面。
お湯で割ってもらった。ふあぁ〜〜、いい香り・・うっとり。
ほんと美味しいなぁ〜。カラダが溶けてまいりました〜。いやまだ崩れませんわよ!

次にろっしさんおすすめの「不二才(ぶにせ)」をロックで飲む。
うん、これ美味しい!初めて飲んだけど、はまりそう。
芋らしくって、深い甘み。お湯で割っても美味しいだろうな、これは。

このお店、安くておいしくて居心地がいい。マスターの人柄もいいしね。
そんなお店なのでお客さん達もみんないい感じなのね。ほんと和めました。
ここなら一人飲みの苦手な私でも、一人で呑みにいけるかな。。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地震

新潟の地震。
日を追う事に被害が深刻になっている様子を、テレビや新聞で見聞き
するたびになんとも言えない無力感で胸が痛くなる。
(慣用句で使ってるんじゃなく、ほんとに痛くなるのよ)

阪神大震災の時のように大きな火災も無かったので、ダメージは
あの時より軽いのかと思っていたけれど、とんでもなかったね。

こんな狭い日本なのに、救援物資が届くのがあんなに遅いなんて。
十日町あたりなんて、毎週末滑りにいける近さなのに。
あんなに簡単に離れ小島のようになってしまうだなんて。

とにかく、高齢の方が道路の上で毛布にくるまって寝ている姿とか、
皺々の手で顔を覆って茫然自失となっている姿とか、本当に見ている
だけでつらいよ。

何かしてあげたいのだけど、結局、会社にきて普通に仕事をしている
自分がいて、普通に仕事終わって飲んだりしちゃって。。


無力なことの言い訳に、赤十字募金などをしてみたけど。

野菜が高いとかいって、グチ言ってる場合じゃない気がするよな。ほんと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

彼の色気

今日は、マイケル・フランクスのライブで青山のブルーノートへ。
昼間に整理券をもらっていたので、最前列のマイケルの真下という良いんだか
悪いんだかわからない、でも最高の席でライブの始まるのを待つ。

終わってみて・・。いやぁ、感動でした。気持ちよくってたまらん!でした。
なんていうか、ただただ1時間半のあの空間の空気が居心地よくって・・。
あまりに身体が緩んで、意味無く涙腺まで緩みそうでした。(酔ってないのよ!)

マイケル・フランクスっていう人は、決して歌い上げず、あくまでもさりげなく、
ふわっ、さらっと歌う。
だから、聞く人によっては「オレにも歌えそう」レベルに聞こえるかもしれない。
でもさ、絶対にあんな風に歌える人はいないのよね。

曲の合間のMCも、客にウケをねらうわけもなく、ただ「次の曲は1978年の」、
「次の曲は1983年の」というだけで、あくまで淡々とささやき気味で。

でもでも。もう、なんちうか枯れた色気っていうか、かなり私メロメロ気味に・・。
もう、目が合うたび「まぢやばいってば!」と身体の力が抜けそうでまいったぜ。
むっちゃフェロモンある60歳。すごいかも。。大人の包容力ってやつかしらね。

包容力といえば・・・。彼の音楽も包容力があるなぁ〜って思った。
ほら、年季の入ったマニアックな音楽ファンも、私みたいなミーハーなファンも、
それぞれがいろんなシチュエーションで楽しむことができるところとか。
なんか大人の余裕を感じさせるのですよ。ほんと。


そうそう!サプライズゲストで、TOKUが出て、1曲プレイしてくれました。
先日TOKUのライブのチケットがソールドアウトで取れなかった私には、本当に
嬉しいサプライズでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「恋の門」

大好きな松尾スズキの監督作品、「恋の門」を観にいった。いやぁ、笑った。
映画評として、☆5つか?って言われると微妙なんだけど。
なんていうの?映画っていうより、むしろイベントって感じだったな。
「大・松尾祭」って感じの映画でした。
出演者の豪華さ加減もすごいんだけど。でもサブカル系に疎い人には、
なんのこっちゃって感じのシーンも多いのかもしれないの。
だって、安野モヨコ庵野秀明の夫婦ツーショットなんて彼らを知らない人には、
隣の席で受けてる理由が???だろうし。

でもワタシは面白かったなぁ〜。
はちゃめちゃな展開、笑わせるセリフまわしのなかに、心にグッと迫るような
泣けるとこあり、ロマンチックなとこありで、ラブシーンはキュートでエッチで。。。
そういう、松尾作品のいいところがたっぷり詰まった映画でした。

でね、音楽がサンボマスターなの!!もう、本当に素晴らしかった!!
私の大好きな「この世の果て〜〜♪」がすっごくいいシーンで流れてきて泣けた。
ほんと、ムショウに恋がしたくなる・・。

KOIそうそう、松田龍平くん。 
初めて彼をイイッ!と思った。
あの天然っぽい感じ。実はすっごくコメディ向き?

さて、今晩はサンボマスターをきいて寝ようっと。
おやすみなさい。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

毛沢東もビックリ

今日は土曜出社日。今日はさぶぅ〜〜かったなぁ。
あまりに寒かったので会社でエアコンの暖房入れたわ。

夜、Yちゃんと一緒に野毛の三陽に(←何度見ても強烈なHP)。
毛沢東もビックリ、周恩来も驚く」のキャッチコピーで知る人ぞ知るこの店。
外観も店内も料理の名前もオヤジさんも、とにかく全てにおいてインパクト大なの!
こないだYちゃんと話してたら三陽の話題になって、「ぜひ連れてって!」ということに。
私も願ったりかなったりで、アテンドを買って出たのでした。

野毛小路に入って「お店はあのヘンだよ」と指差す前に、Yちゃんが、
「おぉ〜〜!あれか?チンチン麺って書いてある、書いてある!!笑」
と大笑い。だってこんなんなんだも〜ん。

三陽 
お店の中は7時前だというのにすでにほぼ満席。
「お二人様?ロイヤルボックスへご案内〜!」
ということで狭い通路をカニ歩きしながら店内奥へ。

座る間もなく、店員さんが勝手に
「はいお二人様、餃子2人前、ビール2本、
当店名物ねぎどり2人前〜!」
注文を決めてくる。それをすかさず阻止

まっ、このオーダーのやりとりも楽しいんだけど。

とにかくこの店って、狭いわ、混んでるわ、満足に動きがとれないほど(笑)、
普通、そんなだったらひどく居心地が悪かったりするものなんだけど・・。
店員さん達の気配りが行き届いた接客が、このガラクタ感を楽しくさせてしまうんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

で、餃子!

餃子 これが三陽の餃子!
めちゃニンニクがきいてるので、
ニンニクが苦手な人は、ここの餃子はダメかもね。

他の料理も総じて、ニンニクばっちり、ニラもばっちり。

まぁ、お上品な中華料理とは対極にあると思うんだけど、
クセになっちゃうんだよね〜。

で、食べたのは
バクダン(ニンニクまるごと揚げ)ネギ鶏、餃子
新メニューの焼き豚(これがおいしかったよ!)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

西荻で飲む

今日は西荻で飲み会。
1時間も遅刻してたので、ちょっと早足で西荻駅改札を出て左方面に。
路地に入り込んだ瞬間に、西荻のあの独特な雰囲気に吸い込まれてしまう。

「そこ(西荻)に行くといつも時空のエア・ポケットに入ったような気分になる。
 つまりは山田ないとさんが『西荻夫婦』で描いたような、あんな世界が
 ほんとうなのだ」曽我部恵一

ほんと、この街は『西荻夫婦』そのものだね。
いつ行っても、街の空気は変わらず、新しくもなく、だからといってレトロという
ような古い街でもなく・・。
ただただ居心地が良いのだ。肌馴染みがいいんだなぁ。

多分、ほんとは、遊びにくる街ではないんだろう。
あの街に住んで、散歩して、おかず買ったりして、骨董屋さんや駄菓子屋さんを
ぶらぶらのぞいて、そして夜になったら飲む。。
そうやって街と一緒に時間の経過をながめるように暮らしていくとこなんだろな。
(それこそ、『西荻夫婦』のふたりみたいに)

ずっとずっと飲んでいたかったけど、そういうワケには行かず。
まだまだ楽しそうに飲み続けている飲み仲間達にサヨナラと手を振るのであった。
(ク〜ッ!ほんとに住みたいなぁ〜、西荻)

で。今日行ったお店は、
「風神亭」 出てくるお料理が美味しくって、1件目なのに食べ過ぎちゃった。
「戎」今度来るときはぜひともカウンターで飲みたいっす。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イスイスイス

CHAIR1CHAIR2台風一過の晴天を期待してたのに、相変わらず天気はどんより・・。

今日は「東京デザイナーズウィーク」の『イスと小物家具たち(プロ作品展)』を見に赤坂アークヒルズへ。
アークヒルズの中庭が会場だったんだけど、これ台風の日はどうしてたんだ?

限りなく野外に近いから、一時期は撤収したんだろうなぁ〜。
うちの社長も出品してるにもかかわらず、な〜んにも知らない私。まずいか?

・・・なんてことも考えつつ、パンフレット片手に、139あるブースを回る。
ほとんどの作品は、座ったりスタッキングさせたりしてOKなので、お客さんがみな
思い思いに椅子とコミュニケーションをとっていて、それを見るのも面白いね。

昨年までのキテレツだったりデザイナーの押しが強すぎる作品はぐっと少なくなって
すぐにでも商品化できそうな作品が多かったね。
その場で座ってみたくなるような椅子がけっこうあったし。
使い心地も肌馴染みもよさそうな良品が多かったな。こういうご時世だからなのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

で、ブラニフ航空

赤坂から渋谷へ移動して、パルコPART3へ。
パルコミュージアムで今日までやってる『ブラニフ・エアライン・エキスポ』を見にいく。

ブラニフ航空って知ってます?私はちゃんとは知らなかったんだよね。
「KLMみたいなセンスいいエアラインだよね?」くらいな程度。

行ってびっくり!
もう何から何まで限りなくおしゃれなの。(ゲロ袋までもグッドデザイン!)
ある意味、やりすぎなくらいの際限無さだから、現実感がまるで持てないもん。
架空の航空会社だって、ここまで完璧にデザインすることって不可能なんじゃ?
でも、実際に飛んでたんだよね、オレンジの飛行機が。。。素晴らしい。
(まぁ、倒産しちゃってますけど)

「THE END OF PLAIN PLANE=さよなら退屈な飛行機」
ってキャッチコピーもクール!
デザイナーがアレキサンダー・ジラルド(ミッドセンチュリーデザインの巨匠)って
いうのもすごい・・。

スッチーのユニフォームなんてエミリオ・プッチなのっ!!!
こんなの着せてもらえるなら、スッチーなるよアタシ!(背が足りないけどさぁ)
特に展示品のブルーのプッチプリントのホットパンツがね〜、ヨロメクほど可愛くて。。
当時、あのカッコウでキャビンアテンダントしてたんだ?乗客の目の前におしり??
すてきっ!そんな飛行機、女の私でも萌えちゃうわよ。

日本の飛行機もピカチュウとか言ってないで、もっとこういうの見習ってほしいわ。

BRANIF CATALOG 

CUP BRANIF おみやげにカップ買いました。かわいいっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マントル!じゃなくて

タイトル見て、クライミングの話だと思ったヒトいたら、ごめんなさい。

「マントル」の話ではなく、「マントラ」のはなし。

強力な台風22号が東京に接近中のなか、国際フォーラムホールまで
マンハッタン・トランスファーを観にいってきたよ。
大人なライブだと思ったので、ほんとはおしゃれしていきたかったんだけど、
なにせあの暴風雨。黒のドレスなんて着ていけるわけもなく・・。ちぇ、残念!

私が子供の頃から、歌っていた彼らなので、もうすっかりおじいちゃんだったり
するわけなんだけど、やっぱり現役で歌い続けているヒトは違うのね。
ほんと、完璧でした!
それだけ日ごろから努力してトレーニングしているんだろけれど、
そういう事で、年齢のハンデっていうものは克服できてしまうものなのかもな。


「声は最高の楽器」という言葉をナマで感じることができたライブだったわ。
4人の声が重なり合うその音の厚みっていうのかなぁ。
聴いていて鳥肌がたっちゃうの。いやホント。やっぱナマは気持ちいいわん〜。

特に、ソロでジャニス(小柄なほうの女性)が歌った「ショウ・ミー」が良かったな。
『マイフェアレディー』の中の曲なんだけど、クール&セクシーで惚れ惚れ。
(曲が終わってからも拍手することさえできないままステージを見つめてた私)


あぁ〜〜、でもこんなライブは、グラス片手に少し酔いながらがいいのだよ。
ブルーノートあたりで演ってくれればもっと良かったのにな・・・・。
ホールを出た途端、「酒、飲むぞ!」とネオンに向かって走る私達なのでしたた。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

台風上陸?

明日、またもや台風が来るらしい。。酸性雨を引き連れて。

おとといの地震(うちのほうは震度5−とかなりの大揺れだったのよ)といい、
最近の大型台風といい、このところの日本列島、バタバタしてないか?
いやいや日本だけじゃなくって、世界中いたるところで、バタバタです。

今さらながら、自然の脅威っていうのを感じずにはいられなかったりして。
(思いっきり、手垢にまみれた言い方だけど、ね)

そういえば、上野駅が地下水が増えて浮いちゃってるんで、地面に杭打ちまくって
浮くのを抑える工事っていうのも、なんだかすごい話。


あぁ〜、でもそうやって、なんだかんだと人間が動き回っても、「自然」がクシュンと
くしゃみひとつしたら、人間の造ったものなんてあっという間にパーなんだよね。


クライミングで岩肌を触ったり、スノーボードで雪山を滑ったりしてると、つくづく
わたしって「自然」に遊んでもらってるんだな〜って感じるの。

だからかな。すっごく気持ちいいと、岩や雪にキスしたくなっちゃうしね。
(バカかな?)

でもさ、ほんと「天地自然のモト」で私は生かされているんだという気持ち、素直に
持っていたいなって思うのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

映画占い

今日も雨・・。もう何日続いてるんだっけ、この雨。

部屋に干された洗濯物、増えていくいっぽうなんですけど。もうイヤァ〜〜!
部屋干しトップ、かなり真剣に欲しくなってきた・・。
(まだニオッてはないけどさ・・あのCMソングがアタマぐるぐるしてるの)

で、気分転換に、映画キャラ占い

結果、『ギルバートグレイプ』のジュリエットルイスが演じたベッキーと出ましたっ。

ウフッ!けっこうウレシかったりして。気分はベッキー♪
だって、あの映画って、あたしの生涯映画に殿堂入りしてるし。(←権威無し)
で、その映画のヒロインなんだも〜ん!
あのさわやかな風のようなベッキー、大好きだったなぁ〜。

で、特徴・適職、当たらずとも遠からずでしょ。ふざけた占いなのにね。笑

ただですよ。
ジュリエットルイス自体は、やっぱかなり怖いですぅ。

ま、ね、プロディジーでのボーカルはかなり格好良かったっ。
あの曲だけでも、CD買いだな、と思った私だし。

ただ、ただですよ。やっぱ、
こんなのはちょっとぉ。。


・・・かなりお腹いっぱいいっぱいです

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ベッドの上で

今日はウクレレ寝ながら弾くような、ダラダラした一日。

ホントは朝早く登りに行く予定が、雨で中止。
部屋で膝抱えてボケーとしてるのもなんなので、久し振りに「レレ弾くか」って。
手始めにCRAZY-G。。お約束ですから・・。うっ、指が動かな〜い(泣)

気を取り直して、だ。

この夏ずっとお気に入りだったドノヴァンCDを取りだしてみた。
『フリー』。ジャックジョンソンといっしょに演ってるやつ。あれ演ってみたかったの。。

あのイントロ部分を、CDに合わせて弾いてたら、意味なく笑みが・・・。
あぁ〜〜。気持ちいいっす♪なんかイヤなこと忘れるわ。

外の雨の音さえ心地良くなってきた。

今年の夏はやたら、サーフミュージックっていう言葉を耳にしたなぁ。
サーフィンやってるヒトの音楽だからサーフミュージック?
でも、ドノヴァンとジャックジョンソンだけでも雰囲気って違うよぉ。
ジャックジョンソンはもうちょっとケダルイ感じかな。
ドノヴァンは無邪気にハッピー。

そういうえばシムレッドモンドバンドもサーフミュージックコーナーにあったっけ。
(『life is water』は最近の私のチャリ乗りテーマ・ソング)

レイドバックしてる雰囲気だとサーフってことにしちゃうのかな?

いろんな音楽を『○○○・ミュージック』って簡単にカテゴライズしちゃう
ってのはムリがあるのではないのでしょうかぁ??>音楽業界の方々

(オルタナティブロック・・という言葉にも困った記憶あったなぁ。笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

武道館イィネッ!!

c01ef610.jpg今、東京武道館・CKBライブより帰ってまいりました!!

もうもう、ただただ楽しかったよぉ〜。

彼らにとって初めての武道館。
ワタシにとってもJB以来の武道館。

あぁ、フライディの何倍のお客さんがいたんだろぉぉぉ。

ちょっと心配、かなりの期待で開演を待ていたのですが、
どうでもいいけど、アリーナ席、平ら過ぎだよ武道館!
あたしゃ148cmだよ、イスの上に立ちたかったよ武道館!!

でもでもさ、始まったら、もうめちゃ盛り上がったよ武道館!
まぢ泣けたっすぅ〜〜。(←ボーズ@スチャダラの声で読め)
最高の夜でした!ウレシィィィネッ!!

アリーナ席から見る、2F・3F席は端から端まで満席で、
それだけでも感動してしまうのに、ゲストはライムスターで悶絶!
で、何万人もの人達が声をそろえて
「肉体関係、オーイェィー♪」 と歌うサマは・・・。
なんてこったい、素晴らしすぎるではないかっ!

でだ。「大人のおもちゃ」を聞けたのもビックリだったよ、武道館!
ここ最近、フライディでだって聞けないというのにな。
(あのデカイハコで歌ってみたかったんだろうな〜笑、剣さん)

演奏はいつもどおり、出来過ぎなぐらいにガッチリ巧くって。
ほんと、かっこいいオヤヂ達!みんな大好きだぁ〜

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »