十和田市現代美術館と十和田の町

十和田湖畔で土曜日は一泊。
久しぶりの温泉でのーんびりして、翌日は十和田の町へ行ってみました。


Ca3j0261

前から行ってみたかった十和田市現代美術館
西沢立衛さんの設計です。
ドカーンと大きすぎず、大小の展示室を敷地内に分散させてるせいか、
周囲(周りは普通の住宅地)から浮き立ってなくて馴染んでるのね。
このスケール感は市民に親しまれるだろうなぁと。。

企画展で栗林隆さんの日本初個展が開催されてました。
この展覧会は美術館内だけでなく、十和田の町のなかにも作品を展示
しているので、美術館を見たあとは町を散策してみることに。
この日は半袖でもいいくらい暖かい、というか暑かったのです。
で、美術館前には「花火アイス」という幟を立てた小さな屋台のアイ
ス屋さんがいたので、迷わずいただくことに。
(このアイス屋さん、秋田のババヘラふうなのね)

Ca3j0263

おばちゃんがきれいにへらで一枚一枚味の違うアイスを花びらのよう
にコーンに飾り付けてくれます。これが花火みたいなんだね。
(おばちゃん、恥ずかしがって顔を必死で隠しています!笑)

さて、十和田の町を歩いてみよう〜♪

まずは「bank towada」
古い商店の空き店舗を利用したスペースで、地元の工芸品や農産物など
を紹介したり販売したり、レンタサイクルもやっていたりというコミュ
ニティサロンといったところ。
ここの3Fのギャラリーに栗林さんの展示がありました。

Ca3j0266

なんともかっこいいペンギンのトレンチコート姿。
ここの古い建物のしつらえに妙にマッチしてますな。クール。
(でもかわいい)
bank towadaはなかなか良いスペースでした。
欲しいものがたくさんあったな。
廃業してしまった店が多い商店街をこんなふうに若い人達が少しずつ
戻ってきて、地元の良い物を新しい目で見つめ直して活性化していく
という事はとても大切だよね。
いろいろ採算的に難しいところもあるのだろうけれど、頑張ってほし
いな、と心から思うのでした。


さて、次は「中央商店街(中央デパート)」の展示。
ここは見事なシャッター商店街でして…。

Ca3j0268

ここのひとつのお店に実は展示があるのです。
小さな展示案内をよく読むと
「シャッターのすきまから鑑賞してください」とあり。
で、こんなふうに↓覗いてみるのでした。
何があるのかは見る人のお楽しみのためにヒミツです。

Ca3j0269Ca3j0270

最後のまちなか展示場所はなんと、営業中の店舗内でした!
松本茶舗というお茶道具屋さんです。

O0500033311907944090

Ca3j0274_2

お店の中にある地下室(?)の中にその作品はありました!
この作品は、この梯子で降りる行為ですでにワクワク。
地下に何があるのかは、お楽しみ。
私は、今回の栗林さんの個展の作品のなかで一番好きでした。
作品じたいも季節によって地下の状態が変わるので、すこしずつ
変化するとのこと。
店主ご夫婦も開催中は営業的にいろいろ不便を強いられる事になる
と思うのに、とっても楽しそうで、日本国中からお客さんが毎日
訪れる事も良い刺激になると話してました。
私もまたここに来れたららいいな。

十和田の商店街はシャッターが閉まっているところも多いけれど、
それでも町の人達がなんとか活性化させようといろいろ頑張って
いる様子が伝わってくるし、なんというかイキイキしてました。
こんなふうに地元の人がチカラを合わせれば町は決してなくなる
ことはないと思ったのでした。

| | トラックバック (0)

お花見は弘前城へ

Ca3j0251

古川市場を出たあとは、レンタカーを借りて弘前城へ行ってきました。
弘前城はGW前後が桜が満開になるんだって。
ちょうどさくらまつりが開催されていて、たくさんの人が桜を見物に
来てました。
ただ、東京の例えば上野公園とか代々木公園みたいな足の踏み場もない
ような混雑具合ではなく、なんとなーくまったりと、でも賑わってると
行った感じがちょうどよいのです。
桜を楽しむんだったらこのくらいの人口密度がいいよなぁ。

Ca3j0250

弘前公園を歩いていたら水芭蕉がたくさん咲いている場所がありました。
今年はなかなか暖かくならなかったせいか、桜はまだまだ三分咲きで、
むしろ水芭蕉のほうが満開!
こんなきれいな水芭蕉の群生は尾瀬でも見たことなかった。。

帰り道、桜の向こうの岩木山を見て「いつか登ろうね!」と話しながら、
十和田湖に向かう私達なのでした。

Ca3j0245


| | トラックバック (0)

ちょっとだけ青森へ

4月の最後の土日は、GWの前半でもありました。
私は、ちょこっと青森に行ってきました。
行きは新幹線でもなければ飛行機でもなく、夜、横浜を出る高速バスに
乗って行ったのでした。約12時間のバス旅。
でも、朝早く着くのは、この方法が一番だと思ったのですよ。
なぜ、早く着きたかったかといえば、青森魚菜センター(古川市場)で、
どうしても朝ごはんを食べたかったからなのです。


Ca3j0241

まずどんぶりご飯を売ってるお店でごはんを買ってから、そのどんぶり
を持って、市場内のいろんなお店を見て回りながら、好きな具を好きな
だけのっけてもらって、自分好みのどんぶりを作り上げます。


Ca3j0236_2Ca3j0237_3

青森のほたて、ウニ、まぐろ、なまこなどなど、どれも見ても美味し
そうで、全部のっけたくなる気持ちを抑えて、厳選しながら作ったの
がこのどんぶり↓。


Ca3j0238

大きいほたてのお刺身が1コ100円!なので2コ買ったら、おばさん
がヒモをおまけしてくれて、他のお店でぼたん海老(300円)やら、
かずのこやらをのっけて、しめて1000円。安すぎる〜〜。

Ca3j0235_2Ca3j0242

出来上がったら、市場内の休憩所で即、食うべし!
う、うまい〜♪
お味噌汁も100円だし、揚げ物やお漬け物や焼き魚等、普通のおかず
もいろいろ売っているので、のっけないで定食みたいにして食べる事
もできるから、近くにお勤めのサラリーマンがお昼食べに来てるって。
いやぁ、素晴らしいシステム!!
他の市場でも真似してやればいいのにー。

お腹がいっぱいになってからも市場をぐるぐる。
日高昆布やら何やら乾物を買い込んだり、市場のオジサン、オバサン
とおしゃべりしたりして、何だかとっても楽しかったなぁ。

Ca3j0243

「ケンミンSHOW」で見てからずっと気になっていて、何度か自己流
で作ってみたりもした青森おでんも、初めて食べてみました。
衝撃の美味しさ!!
こんなにガッツリ生姜を効かせるとは思ってもいなかったのだ。
やっぱり百聞はなんちゃらと言いますが、実際に食べてみなくちゃね。

| | トラックバック (0)

金沢 そのほかそのほか

何度も訪れている金沢だけど、今回初めてやってみたことが、
ひとつあります。

それは和菓子作りの体験講座。

石川県観光物産展でやっている体験講座
のうちのひとつで、自分で作った和菓子3つの他に、職人
さんの作ったものがおみやげで1ついただけます。
その上、500円のお買物券がついてたったの1,200円!
どう計算しても、めっちゃお得ですよねー。

私は上生菓子(練りきりとか)が子供の頃から大好きで
自分で作ってみたいなぁとかねてから思っていたんだけ
ど、なかなか習うチャンスもなく今に至る…でして。

なので、旅行前からすっごく楽しみにしていたんだぁー。

講師は毎回金沢の和菓子屋さんが交代で務めてらっしゃ
って、今回は石川屋本舗の社長さんが担当。
実際は、職人さんが20年修行しなければ作ることの許され
ない上生菓子を、シロウトの私達にたったの30分で3個も
作らせるのだから、先生も本当にたいへんそう。
ご苦労様でございました。

苦戦の上、出来上がったのがこちら!

Ca3j0197_2

案外、きれいにできたかな?

と、思いきや、先生の作った見本はこれ↓
白梅の出来が、まったくの別物でございました…。

Ca3j0194_2


他のテーブルの方とも和気あいあいと話しながら、
お互いの出来に笑いあったりして、とっても楽しい
時間を過ごせました。

また違う季節に行って、違うお菓子を作りたいなー。

| | トラックバック (0)

金沢 見たものとか

金沢では、食べにいっただけ…というわけではなくてですね。
色々観光もしてきましたよ。
例えば、忍者寺みたいなベタなとこにもちゃんと行ってきたし。
(忍者村、冬はたいそう寒いので、厚めの靴下を履いて行く事
を強くおすすめします!)

兼六園にも行ってきましたよ。
ちょうど雪が降り始めてね、うっとりするような日本庭園。

Ca3j0193

あ、うっとりな景色を撮り忘れてこんな写真ばかり…。
(がっくり)

21世紀美術館の周りも雪景色でした。

Photo

久しぶりに行ったマルビーはやっぱり良い美術館だったな。
とにかく子供達が楽しそうでおじいちゃん、おばあちゃんとか
家族連れがたくさん来場してて。
無料のオープンスペースがたくさんあって、この美術館への
敷居がとっても低くて、気楽に入れる感じが良いのだろうなぁ。
SANAA設計のこの親しみある丸いフォルムの建物もみんなから
可愛がられるだろうし。
こんなに人々から親しまれている現代美術館が他にある?
金沢市民がほんとうにうらやましいです。
初マルビー体験の友達二人も、
「大好き!こんな美術館が近くにあったら毎日行くのに!」
って大興奮♪
ここ(↓ここも無料)で一日読書してたいなー、だって。
Ca3j0185

現在開催中の展覧会は「モニーク・フリードマン展」と
「押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』。
モニーク・フリードマンは一度、観てみたかったので
間近で触れることができて本当に良かった。
思っていた通り心がやんわりと解れてくような色使い。
そして、押忍!手芸部の部室、楽しそうだったなぁ。
部活やってなくてとっても残念っ!


| | トラックバック (0)

金沢 夜はこれから…

いたるで飲んでいると、地元民のTさんが
「次のお店の予約が40分おしてるから、そろそろ出よう」
と言うので、急いで次のお店へ向かうことに。
途中、旧県庁だったというしいのき迎賓館に寄り道して、クラシック
な建物の中(ポールボキューズのレストランがあったよ)に入って
みたりしつつ、Tさんの後をついていくと主計町へ着きました。
昼間の主計町はこんなふうで、これはこれでとても風情あるのだけど

Kazue

夜ともなるとその界隈のしっとり具合たるや…。
もう、どうにでもして!な感じなのでした。
連れて行っていただいたお店は「嗜季」というお店で、金沢で人気の
くずし割烹のお店「a.k.a」の姉妹店なのだそう。

Ca3j0171

Ca3j0176

お店の中に入ると室内の灯りはほの暗くとっても落ち着く空間。
日本家屋のもともとの建物にほとんど手を加えず、ムリにモダ
ンなインテリアにしていないところがステキでした。
木の階段もけっこうな急傾斜だったりして酔うと危ないかも。
2階のお座敷で、ワインといろいろなお料理を少しずつ。
どれも美味しかったな。
へしことか蛸の煮付けとか穴子のお寿司とか。
貸し切りのお座敷は知人の家で飲んでいるように空間が身体に
馴染む感じで、いつまでもここで飲んでいられそうでした。
が、あとあと調べてみるとお店の閉店時間は21時。
私達がお店に着いたのが多分、そのぐらいの時間でそれから
1時間ちょっとはお店にいたわけで、知らなかったとはいえ
ずいぶんお店の方にはご迷惑だったのではないかと…。
それなのにイヤな顔ひとつされなかったお若い女主人さんには
アタマが下がりました。ほんと良いお店。また行きたいな。

さて、嗜季のあとは裏•金沢へご招待ってことで、片町方面へ。
ネオンまぶしい片町の裏側、ちょんの間地帯のさらにディープな
ゾーンに、それはあったのでした。

Ca3j0179

「中央味食街」
いやぁ、何度も金沢に旅行に来てるけどここは知らなかった!
バラック小屋みたいな平屋建てでどの店も入り口のドアが小さく
低い。男の人はかがまなきゃ入れないような感じ。
店内の天井もきっと低いにちがいなく、新宿ゴールデン街とか、
しょんべん横町とかそういった雰囲気の飲食街なのでした。
こんな場末感漂う場所ですが、どこのお店もお客さんがいっぱい。
私達が入ろうとしたお店も満席で入れず…、残念。
恐るべき中央味食街、なんとホームページもありました。
→ http://mishokugai.com/index.html

ちなみに昼間見るとこんな感じのとこですよ。

Photo

| | トラックバック (0)

«金沢 続•食べたもの覚え書き